So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

出産story②緊急帝王切開 常位胎盤早期剥離 [出産]

~陣痛室にて~
自分でも分かるくらいの短い間隔での陣痛と戦う中、助産師さんが隣についてくれている。
「まだでしょ??」
と言わんばかりにのんびりしているように見えた。
(そうよね・・・。まだ子宮口5センチだもんね。)

助産師A「バースプランに赤富士書きたいって言ってましたよね??書きます?」

私「書けますかね・・・。」(正直それどころじゃない。自力で動けない・・・。)

助産師A「今書かないとこの後書けないですよ!紙どこにあります??持ってきますね?!」

私「はい・・。じゃあお願いします・・。」

陣痛室に一人になった私はまた痛みの波と戦い始めた。
(いたーーーい!!)

助産師B「toyさん!!!!大丈夫ですか!!!!とにかく体制を楽に!!力をぬいて!!息を大きく吸ってはいてーーー!! 」

(??なに??どうした??)

言われたとおりにした。
陣痛の波が終わり少しは楽になった。

助産師B「赤ちゃんの心拍が落ちています!!内診します!先生を呼びますね!」

(??)

状況を把握するのに時間がかかった。
内診してもらったがまだ子宮口は開いてない。

助産師B(ケータイで)「集められるだけ人を集めて!!」

かなりあたふたしている。
緊急事態らしい。

助産師A「・・・。」

助産師Aが帰ってきた。
それから続々と先生、助産師さんたちが入ってきて部屋の中は人でいっぱいになった。
ここで緊急帝王切開手術をすることになった。
点滴、血圧計、酸素マスク、など体中何かされていた。
終始、意識は朦朧としている。
スポンサーリンク


つづきはこちら


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

出産story① 入院、NST、バルーン、異常な痛さ、陣痛、子宮口開かない  [出産]

3月7日、無事に元気な女の子を出産しました。
一筋縄ではいかないのが出産だと分かっていましたが、まさかこんな出産になるとは思いもしませんでした。
『死産、流産を乗り越えて妊娠出産を目指すママブログ』の最終章になります。

「こんな出産もあるんだね~」

っと、皆様の参考にでもなれば幸いです。

〇3月7日 

~9時半~
 入院受付
 部屋まで案内され、NST装着。

~10時~
 診察
 内診、エコーで頭は下にあり逆子ではないと言われる。
 予定通り経腟分娩での出産でいくが、子宮口が1センチしか開いてないと言われ、バルーン入れられる。
 
 《子宮口を開くための処置の流れ》
 1.バルーン小入れる。
 2.ある程度開いてきたら、バルーン大に入れ替える。
 3.バルーン大である程度開いたら、促進剤入れる。
  
 この流れでいくと説明された。

(バルーン小は、泣きたいほど痛くはないが、かなり勝手悪い。入れられたところからストローみたいなのが飛び出している。ナプキンを付けていたが鮮血が出ていた。)
スポンサーリンク


つづきはこちら


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産
前の2件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。